戯作文

戯作とは、通俗小説などの読み物の総称で、戯れに書かれたものをいい、戯作の著者を戯作者という。 なら、戯作者の書いた戯作は戯作文。 そこかしこに書き散らかしたり、細やかにしたためた駄文の置き土産を、ここに印す。

その他戯作

チキンバス

中南米の旅行記などを見ると必ず「チキンバス」というものが出てくる。中南米でなくても旅行をすれば、空港等のある場所からホテルや観光地へ移動する必要が生じるのは自然な成り行きだ。移動手段は、タクシー、レンタカー、コレクティーボ(乗り合いタクシ…

九州一周無銭旅行記

北海道道東中標津町の北端、地球が丸く見える開陽台の、その又奥のどん詰まりの山あいで牧場を営んでいた時、叉面積の91%が山林の大分県(旧)日田郡上津江村の山奥で農業を営んでいた時、仕事中にオンボロスバルレオーネ4WDやフォレスターに乗っていて、普…

新世界

いよいよ新世界地区の再開発(取り壊し)が始まった。すぐ隣の高層マンションに続いての第2期工区ということらしい。昭和の香りのする猥雑なカオス、路地裏の原風景がまた一つ消滅してゆく。再開発といえば、特にバブルの頃、各地で立ち退きや区画整理に絡ん…

娘の誕生日によせて

今日は娘の誕生日だ。 FBをはじめ、SNSという素人衆には極めて危険な面もあるのだが反面便利なものが出まわって、本来なら断絶したやもしれぬ親子孫のコミュニケーションにも有用なツールとして重宝する時代となった。 そこで拙文を書いてみたが、娘のタイム…

酪農

ファーマータナカは牧童をしていたことがある。 北海道で酪農といえば格好良さげに聞こえるが果たしてその実態はということで、生と殺、性と死に日々直面し続けていた過酷な現場の断片を少し紹介しよう。 但し、多少生々しい話なので、上流階級の方、ご興味…

運動会

あちこちウォーキングしていると、どこぞの高校の校庭に、突然足場が組んであることがある。きっと運動会のスタンドだろう、もう終わったのか、それともこれからか、古き良き時代を想い出したりする。 朝方、遠くに号砲が聞こえて、ちょっぴり胸が騒いだ。何…